八尾金網の社内検査基準

製品
としての
基準
主要欠陥数の許容数で、
JIS規格より3倍厳しいのが
八尾金網の社内検査基準です。

■JIS規格を超える、社内検査基準
弊社では独自の検査基準を設け、JIS規格よりも更に厳しい検査基準の下、製品をつくっております。 
八尾金網の製品はJIS規格ではなく、八尾金網規格を通ったものしか製品にはなりません。
品質にこだわった上でこういった基準を設けさせていただいております。

主要欠陥数の許容数(100"以上)比較表

基準目開き幅(w)mm mesh 10m2当たりの主要欠陥数の最大数
JIS G 3556 八尾金網
0.125<=<0.25 70"~120" 6ヶ 3ヶ
0.063<=<0.125 120"~250" 9ヶ 3ヶ
w<=0.063 250"~400" 10ヶ 3ヶ
w<=0.063 400"~635" 10ヶ 6ヶ

畳織金網 横メッシュの許容範囲

八尾金網の畳織金網は濾過精度に対する製品のバラツキが無いように、非常に厳しいメッシュ公差内で金網を製造し、お客様にご提供しています。

公称濾過粒度
(µm)
JIS G 3555 横MESHの許容差
(mesh)
八尾金網 横MESHの許容差
(mesh)
60 238-275 248-252
50 570-660 596-600
45 665-770 712-720
35 760-880 780-800
30 760-880 780-800
27 950-1100 1016-1032
25 760-880 812-824
23 1140-1320 1200-1232
20 1330-1540 1376-1400
15 1330-1540 1376-1400
12 1520-1760 1512-1544
12 1900-2200 1932-1984
10 1900-2200 1936-1952
8 2280-2640 2160-2192
7 2470-2860 2416-2448
6 2850-3300 2960-3040
5 3420-3960 3488-3632

次のページは「製造部門の取り組み」です。

Copyright (C) 2000-2012 YAO KANAAMI All Rights Reserved.